勃起障害で男性不妊になるリスク

パートナーである男性に勃起障害が発生してしまった場合、その男性と共に歩む女性の中には「男性不妊になるのではないか」と心配する人もいます。
また男性であっても将来的に子どもが欲しいと感じている人であれば勃起障害が原因で不妊治療が必要になるのではと心配するケースもあるのですが、実際のところ単純に勃起障害によって精子に異常が発生するリスクはかなり低いと言って良いでしょう。
現在男性不妊の原因として最も多いのは造精機能障害、つまり精子をつくる機能そのものに問題があるケースなのですが、勃起障害はあくまでも勃起が出来なくなる、勃起がしづらくなるだけの症状です。
そこで例えば精子の活動能力が衰えてしまったり、睾丸で精子がつくられなくなったりといったようなことが発生することは考えづらいですから、基本的には「勃起が出来るようになれば正常な状態に戻ることが出来る」として考えて差し支えないわけです。
さて、そうなると問題はそもそもの勃起障害をどう改善していくかということになるのですが、まず最初に必要なのはやはり原因の特定です。
原因がストレスにあるのであればストレスを緩和できるように抗うつ剤などの医薬品を服用したり環境改善を図っていくことが必要になるでしょうし、逆に何らかの肉体的な病気が原因になっているのであればその病気の治療を優先して行っていかなくてはならないと言えるでしょう。
ただ一時的な対応と言うことであればバイアグラなどの勃起障害改善薬を使用することでも十分な効果が期待できるケースもありますので、長期的な治療と並行し、普段の性行為の際にはバイアグラを服用して対応するというようなこともできます。
勃起障害改善薬を服用しても精子に悪影響が出ることはありませんので、この点は安心して下さい。
実際勃起障害が完治するまでにはそれなりの時間がかかるわけですから、短期的な対処と長期的な治療を上手く行っていきましょう。
■初めての方はこちらをチェック
通販できる人気のED治療薬
■女性も勃起障害改善に協力できます
女性用媚薬
■性交補助剤としても使われています
ジフルカン
■バイアグラと同等の効果効能のジェネリック医薬品
スハグラ